うわっ!6同士のご夫婦のリアル続き

 

ちょっと前の記事で

6同士のご夫婦のご紹介をしました

 

こちら

http://ameblo.jp/suji-tsukai-minae/entry-12261972536.html

 

そしたら、こちらのコメント

なんと、離婚を迫られていると!!!

 

 

 

みなえ先生、思わずコメントしたものに対して記事で取り上げていただいてありがとうございます!!
しかも、お似合いと言っていただき、嬉しく思っております。
が、実は今夫婦関係がとーっても悪化しているのです…
夫はどうやら私の1や4の要素がきついと感じているらしく、そこへ、その隙間を埋めるがごとく年下のかわいい女の子が現れて…夫には離婚をもとめられているのです…
以前の記事で6はバツがつく人が多い、ということを読み、愛に正直だから、というのを今まさに体現しているのです!!

もし差し支えなければ、このような記事の後で恐縮なのですが、公開読み解きしていただくことは可能でしょうか??

夫:1980.12.21
私:1982.3.10
娘:2013.11.11

 

 

お互いに愛の数字をお持ちの分

気持ちに応えられる時はいいけれど

離婚率が多いというのも事実です。。。

 

ご主人は3という数字をお持ちですので

単純に楽しくないと嫌になっちゃう

甘えん坊くんタイプ

それをリードする奥様で、とってもいいのですが

4のルールに外れた時の押さえつけというのは

3のご主人には、他に楽しめ愛する対象がある場合

気持ちがそっちにいっちゃう・・・

 

男性の浮気、許せるタイプと許せないタイプ

6の女性には、ちょっとキツイかもしれないです。。。

こちらの女性は、他の女に気が行っていることに対し

プライドも許せないのではないでしょうか

ですが、右に4があるので継続がテーマになっている部分もあり

離婚ということにご主人より抵抗があるでしょう

 

許せないけど、離婚にも抵抗がある

 

お嬢様がまだ小さいですね。。。

でもこのお嬢様、そんなお母さんのお気持ちを敏感に

感じる子ですので

お母さんの気持ちが荒れるようでしたら、離婚された方がいいかも

 

このご主人、離婚しないとしても

またするタイプではあると思います。。。

ずっとそういう心配が付きまとうより

新しい人生を選んだらいいと私は思います

 

人生のサイクルで激動の中の激動の変化のサイクルに

3月のお誕生日から入りました。

人生の中のちょうど折り返し地点です

ここで、グッと成長するタイミングでもあります

 

ご選択はご自身でお決めになるのがいいですが

離婚を求めているご主人を説得してまで一緒にいますか?

今までの生活は、お二人で築いたものですので

お子様の養育費はきちんと決めていただいて

 

ご自身自身の人生を大きく成長させてみたら

いいかな〜と思います

 

いい時期はあったと思います

そんなとこに感謝をして

ありがとう

さようなら

 

感謝が大切

 

グッといい女になって見返しちゃいましょうキラキラ

 

 

数字使い®︎MINAE

上松皆江

 

数字を味方につけて自分の魅力、幸せな人生を思い出す 数字使いメールパフューム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事