人間関係のトラブルを数字で解決!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

人間関係

 

お悩み相談を受けました。

 

マスコミ関係のお仕事で40人ぐらいを従えている
部長 A子 さんのお悩み

 

「自分がB子に対しパワハラをしているとか
あらぬ事を会社に訴えられ、会社からもそういった目で
見られるかと思うと毎日が辛い」(B子も同じ年齢)

 

A子さん(部長)7月11日生まれ
11・5・9

B子さん(課長)7月8日生まれ
8・11・6

 

まず、お悩みのA子さんがどういった方か
とっても大事なのが、右に9という事

9は自分が消えても人を引き立てるような数字
とにかく人に気を遣います
発言するにしても、常に人がどう思うか?を基本と
しています。
人がどう思うか、人からどう見られているか
がまず一番に気になる事

 

それにプラスして左の11
分からなくてもいい人の気持ちを敏感に察知する
感覚に長けている

この二つの数字11と9だけでも
人がどう自分の事を思うのかとってもデリケートだと
いう事が分かります。

真ん中の5は、自由や変化の数字なので
そんな敏感な性格が揺れに揺れるという、、、
アップダウンもある数字なので
どうって事ない時は大丈夫だけど、下がる時は
これまたとことん下がる、、、

 

 

自分は、人よりも人がどう思うかを気にするタイプ
であり、そもそも人の感情に敏感なタイプ
という認識が大切です

 

HG126_L

 

一方、あらぬ事を自分も管理職でありながら
会社に日々言いまくるB子さん

 

右に6、があると、見返りを求めるタイプです。
6は愛情の数字、自分の思いがそのまま返ってきて
当然と思っています、それがないと寂しいのですが

彼女の場合は、左に8

これは、超負けん気の強いファイター
この方を説き伏せようとするには
とってもエネルギーがかかります。

まず、難しい

反応すればするほど
噛み付いてくるかもしれないですね。

 

自分の愛情や気持ちを
同じように返してほしく
強いエネルギーで訴えてくるのに

 

そこに人のよいAさんが
反応したら、それこそ面白いわけです。

 

9は、自分の事をそんな風に思っている人がいるのかと思うと
寂しく、悲しくなってしまうのも特徴です。

 

ここは、自分が
人からどう見られるか?という事を
気にする、人に気を遣うタイプと、認識し

A子さんに対し、本当に感謝している方が
たくさんいらっしゃるはず
そっちへ意識を向けた方がいいですね。

 

数字は9種類
性格を読み解くのに最低でも1200通りに分けてます
同じ価値観の人はそうそういない。

 

みんな違うんだよ

って事を知るのも大切です!

 

数字を味方につけて自分の魅力、幸せな人生を思い出す 数字使いメールパフューム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加