個人の月・日サイクルの過ごし方と注意点

Share on Facebook
Share on LinkedIn

個人の月サイクルの過ごし方と注意点を
お話します。

 

個人のサイクル

 

個人のサイクルの過ごし方

《1》スタートの月
新しいことに挑戦するなど
積極的に動くのが良い
意志を投げかけるのが大事

 

《2》つながりを意識
主張するより共感
派手な動きはいまいち

 

《3》子供のように遊ぼう
創造的なことをするのに良い
笑顔が大切

 

《4》安定の月
地道にじっくりと
こつこつと

 

《5》変化の月
変わりたいなら
この月にアクションを!
動く!動く!行動的に

 

《6》愛情の月

恋人や家族、身近な人との
関係を見直しましょう
恥ずかしがらないで伝える

 

《7》お休みの月
飛ばしすぎてないか
ちょっと一休み
自分の時間を大切に

 

《8》充実の月

チャンスがきたら躊躇せず
頑張った分だけ評価されるような
一番良い月

 

《9》締めくくりの月

手放し、手放し
綺麗さっぱり気持ちを整理

 

《11》動揺の月

迷いや不安を感じやすい
敏感な月かも
直感を信じて

 

《22》大波乱の月
大きな動きがあるかも
慌てない、慌てない

 

個人の月・日サイクルの注意

サイクルに関してはが一番大事です。

月や日にこだわり過ぎないようにしましょう。

 

社会のサイクルと個人のサイクルがありますが、
大事なのは、自分の個人の年サイクルが
どこにあるか
です。

 

自分の人生のサイクルなので影響大です。

 

ですから、内面的なことは自分の個人サイクル

仕事や会社などの社会に投げかけるのは社会サイクルを
意識すると良いです。

 

サイクルを使いこなすと
思い通りの人生に加速がかかります!

 

数字を味方につけて自分の魅力、幸せな人生を思い出す 数字使いメールパフューム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事