戦国時代の武将を数字で読み解く

Share on Facebook
Share on LinkedIn

『素敵な未来を送りたい方の為に数字で道を作ります』

 

魔法の様に数字を使いこなす

数字使い®MINAEです。

 

 

今日は、歴史上の人物で誰もが知っている戦国武将
信長・秀吉・家康 を読み解いてみます。

 

織田信長

・11

 

:新しいもの好き、流行に敏感、自由奔放
:優しい、世話焼き、情に暑い
11:常識では説明できない直感や目に見えない部分の能力有り

 

豊臣秀吉

2・

 

:強いもののサポートをするのが好きで、強い者から可愛がられる
:リーダー。上に立つ統率者として生きる
:形を残す事、継続する事を意識する

 

徳川家康

 

:真面目で落ち着いている、きちんとした常識人
:穏やかで自分の気持ちは隠せるカメレオン的大人・知恵者
:変わりたい願望はあるが、変化が苦手

 

どうでしょうか?
性格がよく数字に表れていると思いませんか?

 

3人を読み比べ

2・  豊臣秀吉
  徳川家康
・11 織田信長

 

数字のクロスに注目してください。

 

の数字は苦手や意識している事を表し、
同じ数字をに持っている人はその部分を得意としているので
メンターにあたり一目置きます。

 

秀吉の苦手
家康は得意として持っているので、

秀吉は家康の的な地道なところや落ち着き
ガッチリ形に残すような要素に一目置いている。

 

そして

 

家康の苦手
信長が得意として持っている。

 

ころころ臨機応変に変化をかけたり
自由な発想を苦手としている家康は、

そんな事をふざけているかのようにやりのける信長に
一目置いている。

 

信長は自由奔放で新しいもの好き
そして11を持っているので、きっと、

色々な事が分かっちゃってた人だと思いますね。

 

特に伝統や常識を重視し知能で統率をするタイプの家康とは
全く違うタイプだったと思います。

 

数字を味方につけて自分の魅力、幸せな人生を思い出す 数字使いメールパフューム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事