都知事選を数字で読み解く

Share on Facebook
Share on LinkedIn

都知事選の読み解き
 
本日は都知事選を数字で読み解いてみます。
 
「舛添続投の方がマシだった」とか言われているみたいですが
勝手なものですね。
 
でも、この数字並び
少々心配です。
 
鳥越俊太郎 氏
1940.3.13    
 
増田寛也 氏
1951.12.20   2・
 
小池 百合子 氏
1952.7.15    
 

都知事候補3名共通の特徴

みなさん真ん中が 
 
は子供を表す楽しい数字
左にしか向いていない形で
一つの事に夢中になりやすいが
卵が割れた形でコロンコロン
と、飽きやすい
 
皆さん共通がとは大丈夫か
そして、カリスマの数字エネルギッシュな数字
リーダーの数字もない
 
ちなみ 石原慎太郎 氏
1932.9.30
   
 
がダブル
 
この方の場合は、があるのがポイントです
やんちゃな少年ぽさを残す、子供っぽい面もありつつ
 
知識があり、人の事を心から思うリーダ
 
と両極端な面を持ち合わせていました。

 

数字で読み解き

まず鳥越氏は現在のサイクルが
休息の年にいますので、今、都知事にでもなったら
倒れます・・・
本来であれば、来年のためにゆっくりすべき年
だから、当選してはいけない人
 
増田氏であれば
影のリーダーに完全にリードしてもらえるなら可
自分一人では、決められない。
そして迷う、まとめられない。
周りの言いなりになりそうですね。
 
最後に小池氏
2000年代に入り女性の時代となってきている事
来年からは2の時代の2循環目のサイクルに入る事
女性がトップに立つという事が考えられます
そして、得意なところに
を持っているので、
人のためになろうという気持ちが強い
そして、続ける事、形で表す事がテーマになっています。
 

マトリックスボックスで読み解き

鳥越氏

縦のリーダーの列がからっぽです。
 
マトリックスボックス 鳥越氏
 
増田氏
縦のリーダーの列がからっぽ
横の締めのまとめる列がからっぽです。
 
マトリックスボックス 増田氏
 
小池氏
横の締めのまとめる列がからっぽです。
 
マトリックスボックス 小池氏
 
トータルすると、リーダーの列に数字を持っているのが
唯一、小池氏です。
まとめ上げる資質は弱いですが、ブレーンが付けばいいですね。
 
鳥越氏は横の列でのバランスはいいですが、なんて言っても
一番のネックは 休息のサイクルということです。
ご病気に気をつけるような年ですから。
 
ということで、2の時代の象徴的な
結果になりそうな気がします。
 

数字を味方につけて自分の魅力、幸せな人生を思い出す 数字使いメールパフューム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事