数字のエネルギーの計算方法と読み解くためのルール

Share on Facebook
Share on LinkedIn

今日は、数字のエネルギーについてお話します

 

数字のエネルギー

 

数字のエネルギー

12345という数字を順番に足してみてください
1+2+3+4+5=15

次に、十の位と一の位を足します
1+5=

 

では、12345という2つの数字に分けて足してみましょう
123+45=168

百の位と十の位と一の位を足してみます
1+6+8=15

さらに十の位と一の位を足します
1+5=

 

では今度は、1234という2つの数字に分けて足してみましょう
1234+5=1239

一桁ずつ足します
1+2+3+9=15

さらに十の位と一の位を足します
1+5=

 

いかがでしょう?

 

数字 足し算

 

12345という数字は、どんな風に計算しても、

1桁になるまで足していく

」という数字になります。

 

これが、12345という数字がもつエネルギーです。

 

数字のエネルギーを読むためのルール

数字の意味(エネルギー)を読むためには、たったひとつのルールがあります。

 

それは、どんな桁数の数字でも、

各数字を1桁ずつ、最後の1桁になるまで足しこむということ。

 

数字のエネルギー

 

生年月日

生年月日が2016年6月28日の場合

2+0+1+6+6+2+8=25
2+5=7

 

のエネルギーとなります。

 

*年月日のエネルギーも同じです。

 

部屋番号

たとえば202号室
2+0+2=4

のエネルギーとなります。

 

携帯番号

たとえば080-1234-5678だったら
0+8+0+1+2+3+4+5+6+7+8=44
4+4=8

のエネルギーとなります。

 

携帯電話はビジネスで使いたいのに、

という楽しそうな番号だったり、

 

リーダーの方がで、部下の方がを持っていたり、

ご主人とのダイレクトコールに使いたいのに、
というひとりになりたい番号だったり。

これは逆効果。

 

せっかくなら欲しいパワーを数字からいただきたいですね。

 

携帯電話番号

 

身の回りにある数字を足してみてください。

どんなエネルギーに囲まれているでしょうか?

 

数字を味方につけて自分の魅力、幸せな人生を思い出す 数字使いメールパフューム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事