KinKi Kidsのふたりからリーダーの数字を読み解く

『素敵な未来を送りたい方の為に数字で道を作ります』

 

魔法の様に数字を使いこなす

数字使い®MINAEです。

 

数字使い

 

リーダーvsリーダー

数字的に相性というのはないのですが、
同じタイプで、気が合うだろうけど
ずっと一緒にはいられないよね

っていうパターンの典型的な例が

KinKiKids です

 

堂本光一 1979.1.1
・2

堂本剛  1979.4.10

 

見よ!!この並びを!!

って感じです

 

はリーダーの数字、
プライドもあるしカリスマ性もある

 

こんなタイプが集団の中
そうだな、、、
クラスに光一くんと剛くんが
いたとすると。。。
派閥が二つできると思いません?

 

どっちにも、それぞれの
熱狂的なお付きが付いてる
みたいな

 

集団の中の二人であれば
それでいいけど
KinKiの場合は、二人ユニット
リーダーとリーダー
二人で目立ち合いなわけです

 

そりゃ、個人でカリスマ性

伸ばして活動した方が
お互いやりやすいです

 

だから光一くんは舞台
剛くんは音楽
時々、コンサート

が、ちょうどいいんでしょう

 

KinKi Kids(光一くん)の過酷な道

堂本光一 1979.1.1
・2

 

まぁ、みごとに
ばかりなんですけどね
リーダーの数字

 


根っからのリーダー
真ん中
メインもリーダーでいくぞ

 

この人生、リーダーを
やり尽くすっていう数字が
、真ん中です

 

何が過酷か!?って右の数字です

 

目指すところ
意識するところ

というのは、サポーター
強いものに仕えるような
秘書のような存在
超真逆の数字

 

ダブルでを持っているの
に目指すとこがなんです
これは過酷でしょ

 

リーダーやってリーダーやって
前にもガンガン出ていく
タイプでやり通しているのに

 

結局は
一歩下がりなさい!!

 

って事を学ばなければいけない
ってのが

・2

 

かなりハードルが高い人生
自ら選んで生まれてきたわけですが

 

世の中ってうまくできてます

 

剛くんと組まなきゃ、
お山の大将で、
ずっといっちゃったでしょう

 

剛くんといるから的なとこを
学ばざるを得なくなっています

 

剛くんは剛くんだ!(KinKi Kids)

光一くんのっぷり
Sっぷりも凄いですけど

剛くんも
光一くんをも押さえる強さ

 

堂本剛 1979.4.10

 

この剛くんの独特の世界
彼が何かに没頭していたら
半径10メートル以内に入るのは
躊躇しませんか!?

 

光一くんの方が
近寄れる感じがしません??

 

剛くんは、ここからは
KEEP AWAY
って柵が見えません?

 

その違いがの違うとこです
(光一くんは・2

分かるかな?

 

の数字の形見てください!!

 

は矢印でまっすぐ伸びてる
突かれそうだけど
足元は意外と空いてるぞ

 

は真っ直ぐ直線で
囲いを頑丈に作っている
これを崩すのは相当大変

 

てなわけで、
剛くんは

プライドが強く責任感もある
リーダー体質ですが
自分の世界や価値観を
がっちりと持っており
超 yes or no のタイプ

 

ダメっていったら、絶対ダメ
曖昧なことはダメ

 

自分のテリトリー
汚されるのはもってのほか
乱されたら
全部捨てちゃうぐらいかも

 

一度、自分がこうだ!と決めたら
なかなか変えることはしないタイプ

 

は変化の数字
それが苦手なところに来ているので
上みたいなコメントが
想像できるわけです

 

数字を味方につけて自分の魅力、幸せな人生を思い出す 数字使いメールパフューム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事